家財 運送 安い

家財の運送料が安い業者を探す方法

家財 運送費

 

家財 郵送

 

家財 運搬

 

家財 運ぶ

 

家財 配送

 

家財の運送には意外とお金がかかります。
できるだけ安く運んでくれる業者を探したいと思いませんか?

 

家財を運んでくれそうな業者といえば、運送業者、引越し業者、便利屋などが考えられます。
この中で一番数が多いのは、引越し業者です。
競争のない業界は価格競争がないので、費用が割高になります。

 

引越し業者は大手から地域密着の会社までとにかく数が多いです。
しかも最近は、一括見積もりをすることができるので簡単に相場や最安値がわかるのです。

 

家財 運送

 

1度情報を入力するだけで、最大10社から見積もりを取ることができます。
200社以上の会社が参加しています。

 

家財の運送料が安い業者を探すなら、一括見積もりをご活用ください。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

 

引越しの時期と費用の関係

 

引越し時期費用

 

引越し料金は一年中いつでも同じではありません。
同じ距離、同じ荷物の量で引越しをしても時期によってかなり差があります。
引越し業者には繁忙期があり、繁忙期の引越し費用は通常期よりも高くなります。

 

引越し業者の繁忙期は3月です。
綿密に言うと2月の下旬から4月の上旬までが繁忙期です。

 

どうして3月が繁忙期なのでしょうか?

 

それは日本では4月から新学期を迎えるからです。
新学期に向けて、引越しする大学受験を終えた新大学生や就職活動を勝ち抜いた新社会人がたくさんいるのです。

 

新生活の準備のために一人暮らしをしたり、寮に入ったり、シェアハウスに入居したりと多くの人が引越しをするのです。

 

さらに日本の企業は全国展開のところが多く、春と秋に人事異動つまり転勤があります。
そして春の人事異動がちょうど4月をスタートにするため、やはり3月に転勤・単身赴任のサラリーマンが移動します。

 

これに通常の引越しも加わるのですから、3月に引越し業者は繁忙期となるのです。

 

繁忙期は毎年なのでわかっていますから、引越し業者もスタッフを増員したり残業をしたりして何とか仕事をこなそうとします。
それでも間に合わない日もあるのです。

 

そういう予約が集中する日は、申し込みが遅いと予約を受け入れてもらえないこともあります。
そんなことにならないように、繁忙期の引越し準備は早めに行ってくださいね。

 

 

引越し業者のオプションとは

 

引越し オプション

 

引越し料金は、人件費と輸送費とオプション代とで成り立っています。
ではこのオプションにはどんなものがあるのでしょうか?

 

代表的なオプションには以下のようなものがあります。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

このようなものがあります。
中でも依頼がおおいのがエアコンの取り付け・取り外しです。
これらを自分でやろうと思ってもできませんし、電気屋を手配してやってもらうのも面倒なのです。

 

引越し業者に依頼しておけば、専門の業者が来てやってくれます。
自分で手配する手間が省けますし、料金も自分で依頼するのとさほど変わりません。

 

 

引越しの手順を確認しましょう。

 

家財 運送 手順

 

引越しの手順をおおまかなに知っておくと無駄がありません。
ぜひ一度、引越し前に手順を確認しておいてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

順番に見て行きましょう。

 

引越しといえば引越し業者を早く決めてしまいたいところですね。
しかし引越し費用は新居の物件にエレベーターがあるのかないのかによっても金額が変わるため、新居が決まらないと正確な見積もりが出せないのです。
引越し業者への見積もりは、新居が決定したらすぐというタイミングがオススメです。

 

そして引越し料金は荷物の量に比例して値段が変わります。
荷物が多いほど大きなトラックや多くのスタッフ、多くのガソリンを必要としますから、その分費用が当然高くなるのです。
引越し前に不用品はどんどん処分して、できるだけ荷物を減らしてくださいね。

 

市外への引越しの場合は、市町村役場で転出届を提出してます。転出届は引越しの2週間前から提出することができます。
うっかり出し忘れると提出しに前の市に戻るか、役所に連絡して書類を郵送してもらって送り返すなど、非常に手間がかかります。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いてください。

 

引越日の2週間前くらいになったら電気・ガス・水道業者に連絡して引越しする旨を伝え、料金を日割りで精算する手続きをしてもらいましょう。
手続きの方法は各会社で異なりますので、まずは電話にて連絡をしてください。
同一市内の引越しなら、引越し日からは新居で電気・ガス・水道を使えるように手配してもらいましょう。

 

新居で郵便物が届かなくなるのは不便ですね。
最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出すれば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
その間に「引越ししました」という連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどでしてくださいね。

 

引越しの当日、運ぶものはすべて引越し業者におまかせして家財の配置を指示してください。
あらかじめ決めて紙に書いて渡しておくと便利です。

 

しかし貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものは自分で運んでください。
これらはうっかり破損して保険を使ってたとしても、お金で解決できるものではありませんので自分管理で大事にしてください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら転居届を市外引越しなた転入届を提出しましょう。
これで選挙や手当など役所からの大事なお知らせが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社にも住所変更をお知らせしてくださいね。
緊急性がないので忘れがちになりますが、放置すると大事なお知らせが届かなかったり、いざ保険を使おうと思っても使えないなどのトラブルになります。
忘れないうちに行ってください。

 

 

荒川区 引越し業者